牧場概要

カントリーファーマーズ藤田牧場は、ヨーロッパの農村環境と牧場景観をベースに、地域の自然に配慮した牧場型グリーンツーリズムと消費者交流を積極的に取り入れています。牧場内の動物には、アニマルウェルフェア(動物福祉)の視点から、少しでも幸せに暮らせるための快適な環境づくりを心がけています。またその思いは、化学肥料・農薬などを極力抑えた「持続的酪農経営」へと繋がります。

藤田牧場の歴史

大正2年、初代藤田基司がこの地十勝に夢を馳せ、静岡県から移住。過酷な条件下での仕事と暮らしは苦労の連続でした。その後昭和12年 に、鹿追町に瓜幕で乳牛が導入され、牧場経営が始まったのです。

当牧場も参加「生産者指定よつ葉牛乳」

生産者と関東・中京・関西地域の共同購入グループ・団体の皆さんの交流と対話を通じて生まれた、まさに「生産者の顔が見える牛乳」です。非遺伝子組換えの飼料で育てた牛から生産したプレミアム牛乳として全国で販売しています。

藤田牧場のアイスクリーム

当社オリジナルのアイスクリームは「牧場見学」「乳しぼり体験」に参加された方に無料でプレゼントしています。オリジナルアイスクリームは道の駅しかおいでご購入できます。数量限定のため在庫が無い場合もございます予めご了承ください。


カントリーファーマーズ藤田牧場の概要

●乳牛ホルスタイン種・ブラウンスイス種/約140頭
●牧場面積/所有地 約50ha(牧草畑 約30ha・とうもろこし畑 約15ha・施設用地 約3ha・その他 約2ha)
●1年間の生産乳量/約920t・1日 約2.5t
●スタッフ/8名
●代表/藤田 均
●生乳出荷乳業工場/よつ葉乳業十勝主管工場(よつ葉乳業NON-GMO - 遺伝子組換え飼料不使用 - 生産者指定牛乳)